ツーショットダイヤルでのマナー

ツーショットダイヤルならば、普段の生活ならば絶対に見つけることができないような、特殊な性癖のセフレを見つけることができるでしょう。
相手の女性も、そういったセフレ体験を求めてツーショットダイヤルを使っていることが多いですが、だからといってその中でもマナーがあります。
やはり、人と人との出会いの場ですから、最低限のマナーを守って、相手に失礼のないようにしましょう。

最初は少し話をしてから

ツーショットダイヤルだからといって、電話がつながった瞬間からテレフォンセックスをしたがる人が多いようです。
確かに、最終目的はそのテレフォンセックスだったとしても、そこには順序というものが存在します。
そもそも、まったく相手のこともわからない状態から、すぐにテレフォンセックスを始めたとしても、それで盛り上がるわけがありません。
相手がどういったセックスが好きなのかもわかりませんし、それではただの独りよがりなセックスになってしまいます。
独りよがりなセックスが嫌われるのは、実際に会ってセックスをするセフレでも、テレフォンセックスであってもまったく同じことです。

相手との相性を確かめる

電話とはいえセックスをするわけですから、相手との相性がどのくらいあっているのかを確かめる作業は必要です。
最初に挨拶から始まって、声の好みや、相手の趣味が自分とどのくらいあっているのか、アブノーマルな性癖なのかなどのチェックをしていきましょう。
こういったことを、ふつうの雑談の中で行っていけるようになればスマートですし、相手との緊張もほぐすことができます。
見知らぬ人と電話とはいえテレフォンセックスをすることになるのですから、お互いやはり緊張しているのが当然でしょう。
それを、軽い話題でほぐしながら、徐々にテレフォンセックスに持っていくのが、ツーショットダイヤルでの男性のマナーといえるかと思います。

女性のハードルは低い

普通の出会い系サイトなどに比べると、実際に出会うということがないので、女性にとっての出会いに対する警戒心のハードルはかなり低くなっています。
どれだけ危ない人と当たったとしても、その人は電話を切ればいいだけなので、簡単に逃げることもできます。
それが、ツーショットダイヤルを使う女性と出会いやすい最大の理由になっているのですね。
この特徴を利用すれば、普段なかなか出会えないタイプの人とも出会いやすくなるので、ツーショットダイヤルを効果的に使ってみてください。

関連記事